2023年度九州・沖縄支部芸術大会で発表してきました!

前回の記事で紹介していた

12月10日 (日) 開催の九州・沖縄支部学術大会で

当法人の外来診療部副部長である

歯科医師の吉永( 長野歯科所属 )が会員発表をおこないました。

(日本顎咬合学会主催)

 

大会の午前中は、長谷川歯科医院の長谷川嘉昭先生による

「こだわりの歯科臨床」という演題で講演があり、

午後からの会員発表で吉永は

「GOAを活用し生体と調和した顎位を求める」という内容で発表されました。

 

症例の内容は、患者の咀嚼習慣やその経年的変化を見つけ出し

SHILLA SYSTEMを用いて新義歯を作成されたもので、

長谷川先生からも称賛されていました。

 

発表を終え、

「外部の先生方に症例を見てもらう事でとても刺激を受けました。

他のパートナーのみんなにも、( 機会があれば ) 積極的に発表をしてほしいです。」

と話しており、所属する長野歯科医院の朝礼で今発表について共有していました。

 

 

医院外で発表することは、発表した自分自身も刺激を受けますし、

それを聞いたパートナーにも刺激となります。

お互いに高め合い、より質の高い歯科医療を患者さんに提供できるように

「自らと周りへの貢献」でこれからも徳治会は進んでいきます。

 

 

 

発表中の歯科医師 吉永