パートナーたちの声

VOICE

困った時にはすぐに
相談もしやすく、助け合うことができる環境

外来歯科衛生士

野村飛鳥DH勤続年数 2年目

INTERVIEW

  • 吉永歯科医院を選んだ理由

    学生の頃に臨床実習でお世話になっていて、その時に診療室の雰囲気やスタッフの人達の仲がとても良く、実習中も分からないことを優しく教えて頂きました。また、診療の幅も沢山あるため、幅広い分野を学べることが出来、診療室の雰囲気の良い職場で働きたいと思ったからです。また、院長からも声をかけて頂いたのも理由です。

  • 職場の上司・先輩ってどんな人?

    私にとって、自分のお手本とする人であり憧れとしている人です。
    特に一年目の時には何も分からない自分に優しく丁寧に教えてもらいました。困っているときは相談するとすぐに助けて下さり、安心して仕事を行うことが出来ました。自分が先輩方に良くして頂いた分、後輩が入ってきたので、先輩と同じような対応をしていこうと思えることが出来ました。

  • 吉永歯科医院の「ここがいい!」と思うところは?

    吉永歯科医院はパートナー同士の仲がとても良いため楽しい雰囲気で診療が行えていると思います。パートナー同士の仲が良いことで困った時にはすぐに相談もしやすく、助け合うことができると思います。また、パートナーの人数も多いため、何かあった時や体調が悪くなった時には気兼ねなく休むことができるのも良いところの1つだと思います。
    先輩や後輩とも仲が良く出来ていることでプライベートでも充実できていると思います。
    パートナー同士の仲が良いことが一番良いことだと思っています。

  • 吉永歯科医院ってどんな雰囲気?

    吉永歯科医院はスタッフの仲がとても良く、年齢層も幅広いため、診療室の雰囲気が明るいと思います。

  • 入職してから苦労した思い出、いい思い出について

    1年目の時には覚えることがとても多く、初めて知ることばかりで毎日1つ1つ覚えたりすることや慣れないことばかりで大変な毎日でした。衛生士の同期もいないこともあり、とても不安に思うことが沢山ありました。後輩が入ってきて、焦る気持ちもありましたが、逆に教える立場になり頑張ろうと思えるきっかけになりました。また、いい思い出としては、TEK作製で苦手だったけれど2年目になった時に先輩から「上手くなったね」と言ってもらえて、とても嬉しく頑張って良かったと思えることが出来ました。

  • 今の仕事のやりがい

    1年目の頃は治療1つ1つを覚えるのに必死でしたが2年目になって自分の担当の患者を持つことが出来、治療やSPTで続けてみていくことで変化などに気づくことが出来るようなったのでその時にはやりがいを感じます。また担当の患者さんから自分の名前を覚えてもらえたり、自分の伝えたことを覚えていてくれたり、患者さんから直接「ありがとう」と言ってもらえた時にはとてもやりがいを感じることが出来ます。

  • 将来、目指している姿は?

    患者さんから信頼してもらえる歯科衛生士になりたいです。
    まだまだ知識も技術も未熟なため、これからもっと自信を持ってやっていけるようにしたいです。そのために日頃から1人1人の患者さんとしっかり向き合っていこうと思います。
    患者さんに信頼してもらうためには不安や不快な気持ちを持たれないように、まずは声掛けなどを行ったりしていきたいです。
    患者さんから信頼してもらい「野村さんが担当で良かった」と思ってもらえるようになります。

ブランクをお持ちの方

長い期間、仕事を離れていれば、誰しも不安はあると思います。知識の遅れは取り戻せるのか、技術を忘れてしまって体が動かないのではないか、子育てや介護など家庭と両立することはできるのか、その他にも、様々な不安があるかと思います。ですが、これから入社する方にはぜひ安心して頂きたいと思っています。現在も、徳治会全体で、ブランクから復帰したパートナーが活躍しています。10~20年のブランクから復帰したパートナーもいますのでお気軽にご相談ください。